2012年05月03日

日食が見れる場所

5月21日 173年ぶりに金環日食が見れます。
ただし、日本のどこでも見れるというわけでもなく。
見れるのは、
鹿児島・宮崎などの九州地区(大分や熊本佐賀は日食は見れますが、金環日食ではありません)

高知・徳島の四国(香川・愛媛は日食)

大阪・奈良・和歌山(滋賀・京都・兵庫は日食)

三重・愛知・静岡・長野・山梨(岐阜は日食)

神奈川・東京・千葉・茨城・埼玉・群馬・栃木・福島

以上の地域の方々は、観測可能な地域です。

ただし、昨日も申したとおり裸眼では危険です。

必ず専用の日食グラスを使って観測しましょう。

日食グラス AFOM SOLAR V GLASS 【3個セット】「日食グラス AFOM SOLAR V GLASS 【3個セット】」の詳細を見る

楽天最安値はこちら
【お一人様1点限り・メール便不可】日食グラス(日食メガネ)

アマゾン最安値
日食グラス 金環日食 太陽観察めがね/メガネ/サングラス


posted by ここある at 15:06| 金環日食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月01日

可愛い金環日食観察グラス 子供用

5月に入り、いよいよ金環日食まであと3週間とカウントダウンに入りました。
太陽観察するぞ〜!手(グー) と楽しみにしている方も多いと思いますが、裸眼でみるのは絶対ダメ!
よく子供の頃にやっていた、黒い下敷きで見るのもダメなのだそうです。

特に、小さなお子様は、一秒でも裸眼で太陽を見ることで、ものを見るときにチカチカっとする現象が一生続いてしまうので眼科医から注意喚起がされております。
やはり太陽のパワーは相当なものがあるのですね。

小さなお子さんもきっと楽しく太陽観察ができるであろう、とっても可愛いパンダの日食観察グラスのご紹介です。

太陽観察専用グラス TKSM-004 パンダ詳細を見る

こちらは子供専用の日食グラスなので、サイズが合わずにすき間から太陽光が目に入ることもなく、子供さんの瞳をしっかり守るサイズです。

また、普通のグラスでは面白味もないので、グラス自体に興味がなくなり、途中ではずしてしまったりすることもあるかもしれませんが、可愛いパンダちゃんのデザインならきっとはずすことなく太陽観察ができるのでは?

今ならまだ間に合います→詳細を見る
posted by ここある at 15:46| 金環日食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。